↑↑まずは、楽天で運試し!

ハンドブレンダー比較!ブラウンMQ535 vs パナソニックMX-S300

%e3%83%8f%e3%83%b3%e3%83%89%e3%83%96%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%83%80

先日、妻が結婚前から愛用していたミキサーをぶっ壊しました!

今度は「ハンドブレンダーが欲しい!」と言い出したので、良好な夫婦生活を続けるため、

徹底的にハンドブレンダーを調べてみました。

コストパフォーマンスと機能性を重視した結果、2つの製品にたどり着いたので、

比較した結果をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

比較するハンドブレンダーの製品概要

今回比較したハンドブレンダーは以下の2製品です。

マルチクイック MQ535 ハンドブレンダー(ブラウン)

mq535

出典:ブラウン公式サイト

ブレンダー、チョッパー、泡立て器を1本に集約したMQ535。 ふだんよく使う「つぶす」「混ぜる」「きざむ」「泡立てる」を簡単に使いこなせるので、毎日手軽に、ひと手間かけお料理が楽しめます。

ブラウン公式サイトより

ハンドブレンダー MX-S300(パナソニック)

mx-s300

出典:パナソニック公式サイト

「つぶす」「まぜる」「きざむ」「泡立て」の1台4役。
下ごしらえから仕上げまで簡単、手軽に料理の楽しさ広がる。

パナソニック公式サイトより

ハンドブレンダー徹底比較!7番勝負

では、さっそく比較をしていきましょう!

今回は、以下の7項目で比較をしてみました。

  1. 価格
  2. 機能・付属品
  3. デザイン(着脱)
  4. パワー
  5. 重さ
  6. 連続稼働時間
  7. お手入れ

1.価格

今回は、以下の3つで比べてみました。

  • 楽天の最安値
  • 価格.comの最安値
  • Y電機の店舗販売価格
MQ535 MX-S300
楽天の最安値 \7,578 \5,800
価格.comの最安値 \7,577 \6,040
Y電機の店舗販売価格 \10,800 \11,448

※価格は税込みです。(2016/10/09調査結果)

なぜか、Y電機の店舗販売価格だけ、MQ535のほうが安いという

おかしな状態ですが、価格は、パナソニックMX-S300の勝利です。

2.機能・付属品

まず、キャッチコピーの通り、おおまかな機能については大差がないようです。

  • つぶす
  • 混ぜる
  • きざむ
  • 泡立てる

1台で、これだけできるのは便利ですね。

この機能を備えたハンドブレンダーの中では、リーズナブルな製品だったというのが、

この2製品に絞った理由でもあります。

次に、付属品で比べてみました。

 MQ535  MX-S300
ブレンダー
チョッパー
泡立て器
専用カップ
スパチュラ
ブラシ

違いとしては、MQ535には、スパチュラ(へら)が付いていて、

MX-S300には、お手入れ用のブラシが付いているようです。

どちらも捨てがたいので、機能・付属品は、引き分けとします。

3.スピード調整

さあ、次の勝負はスピード調整です。

MQ535 MX-S300
スピード調整 2段階 5段階
調整方法 ボタン ダイヤル
その他 チャイルドロック付き

スピード調整は、パナソニックMX-S300の勝利です。

ただ、調理中の「操作のしやすさ」を考えると、ボタンの方がいいかもしれませんね。

4.パワー

これまで、MX-S300が一歩リードですが、次はパワーです。

パワーは消費電力で比べてみました。

MQ535 MX-S300
消費電力 350W 200W

というわけで、パワーは、ブラウンMQ535の勝利です。

5.重さ

さあ、どんどんいきます!

次は、「重さ」です。手に持って使うものなので重要ポイントですよね!

MQ535 MX-S300
ブレンダー使用時 約720g 約900g
泡立て器使用時 約630g 約900g
チョッパー使用時 約840g 約1,100g

これは、見てのとおりですね。

さらに実際に実物を持って、比べてみました。体感でも差があります。

というわけで、重さは、ブラウンMQ535の勝利です。(※もちろん、軽いほうです!)

6.連続稼働時間

連続稼働時間は、守らないと故障の原因になるので必ずチェックが必要です。

定格時間で比べてみました。

MQ535 MX-S300
ブレンダー使用時 1分 1分
泡立て器使用時 2分 2分
チョッパー使用時 2分 1分

ブレンダーと泡立て器の使用時は、引き分けですが、チョッパー使用時の

時間に差がありました。

連続稼働時間は、ブラウンMQ535の勝利です。

7.お手入れ

さあ、最後です。

長く使用する上で、お手入れも重要なポイントですね。

MX-S300はブラシが付属されている点では一歩リードですが、

「チョッパーのふたに水がたまって、抜けない!」という、

利用者の口コミを発見しました。

よくよく調べてみると、これは事実のようです。

【水を抜くことができますか?】

●入ってしまった水は、抜くことは出来ません。

公式サイトチョッパーボウルふた内部に水が入ったより

一方の、MQ535についてはこのような報告はないようです。

したがって、お手入れは、ブラウンMQ535の勝利です。

※ただ、そもそも「食洗器」の使用や「つけおき洗い」などしなければ、

水がたまる可能性は低いようです。

結果発表!

というわけで結果は、以下の通りでした。

MQ535 MX-S300
1.価格 勝ち!
2.機能・付属品 -(引き分け) -(引き分け)
3.スピード調整 勝ち!
4.パワー 勝ち!
5.重さ 勝ち!
6.連続稼働時間 勝ち!
7.お手入れ 勝ち!

今回の勝負は、MQ535の4勝2敗1引き分けとなりました。

まとめ

いかがでしたか?

私はこの結果をふまえて、ブラウンMQ535を購入することにしました。

購入先は、楽天です。ポイントも貯まっていたので。。

なお、今回残念ながら敗れてしまったパナソニックMX-S300ですが、

2016年11月に上位モデルのMX-S301が発売されるそうです。

価格が少しお高めですが、気になる方はチェックしてみてください。

【MX-S301】を楽天でみる>>

最後まで、お読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

ハンドブレンダー比較!ブラウンMQ535 vs パナソニックMX-S300
この記事をお届けした
SEARCH LOGの最新記事を、
いいねしてチェックしよう!