↑↑まずは、楽天で運試し!

結局最後はディアターンプラスに行き着いた

%e3%83%87%e3%82%a3%e3%82%a2%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%83%97%e3%83%a9%e3%82%b9

私にはもうすぐ、子どもができます!

第一子誕生を2ヶ月後に控えた今、チャイルドシートについて本気で調べてみたので、

シェアしたいと思います。

私たち夫婦は、最終的にアップリカの「ディアターンプラス」に行き着きましたが、

そこへ至る経緯なども含めて、ご紹介します。

この記事が、たくさんのプレパパ&プレママのお役に立てたら、うれしいです。

スポンサーリンク

チャイルドシートについて知ろう!

チャイルドシートの着用は、道路交通法が改正された平成12年4月から

義務となっています。

法律上は、「6歳未満の子ども」となっていますが、身長によっては、

継続して着用したほうが良い場合もあるようです。

そもそも、チャイルドシートが必要な理由は、「子どもの命を守るため」です。

親として、子どもを危険な目に合わせないためにも、チャイルドシートは

重要なアイテムなのです。

チャイルドシートを選ぶ、判断ポイントは?

いざ、チャイルドシートを購入しようと思っても、種類がありすぎて

どれがいいのか、わかりませんよね。。

私もいろいろ迷ったのですが、判断ポイントをまとめてみました。

1.チャイルドシートのタイプ

チャイルドシートは、年齢に合わせて大きく3つのタイプがあります。

  1. 新生児(乳児)用チャイルドシート(0歳~1歳)
  2. 幼児用チャイルドシート(1歳~4歳)
  3. 学童用チャイルドシート(4歳~)

さらに、それぞれの兼用タイプもあります。

私の場合は、子どもがこれから誕生しますので、選ぶべきは、

「新生児(乳児)用チャイルドシート」となります。

でも、できるだけ長い期間使いたいと思っていました。

新生児から使える兼用タイプは、「0歳~4歳まで」と

「0歳~4歳以降」も使えるタイプがあると知り、調べてみたのですが、

後者は、新生児のときは体勢がつらくなってしまったり、大きくなってくると

今度は窮屈になってしまうというデメリットがあると知りました。

なので、私は「0歳~4歳まで」の兼用タイプに絞って調べてみることにしました。

2.適合車種の確認(取り付けが可能か?)

せっかく購入したのに、自分のクルマに取り付けができないと意味がありません。

必ず確認が必要です。

また、数年の間にクルマの買い替えを考えている場合は狙っているクルマも、

取り付けができるか確認しておいたほうがいいと思います。

3.安全性・機能性

もっとも大切な安全性は、年齢に合わせたタイプと取り付けるクルマが適合車種なら

ひとまずはクリアです。

メーカーごとの取り組みや商品ごとの特徴もあるのでチェックしておきましょう。

機能性については、私の場合「赤ちゃんの乗り降ろしがしやすいこと」と

「極力、フラットになること」を重視しました。

チャイルドシート自体の取り外しを頻繁に行う可能性がある場合は、

「着脱が簡単であること」や「シートの重量」もポイントになってくるでしょう。

最終まで候補に残ったチャイルドシートたち

No.1 アップリカ ディアターンプラス

私が最終的に決めたチャイルドシートです。コストパフォーマンスがよく、

回転式のチャイルドシートの中では破格です。

この商品の最大のポイントは、フルリクライニングになることです。

赤ちゃんの体勢を考えると、この価格帯では一番良い商品かなと思います。

重さはあるようですが、取り外しをほぼしないので、問題ないと思います。

残念なのは、日よけがないことなのですが、カーテンなど代用できるかと

思っています。

No.2 コンビ ネルーム エッグショック NF500

正直、これは最後まで迷いました。

日よけ付きで、回転もできます。

衝撃吸収素材「エッグショック」搭載というも、魅力的です。

ただ、フルリクライニングにはならないようで、新生児を乗せる場合は、

ディアターンプラスが一歩リードかなと私は感じました。

しかし、トータルで考えると、とても良い商品だと思います。

 No.3 エールベベ クルットNT2 プレミアム

こちらも良い商品です。

実際使っていないのでわからないのですが、こちらも回転式で

片手でクルッと回転ができるらしいです。カバーを外して、洗濯もできるそうです。

ただ、ディアターンプラスと比べて約1万円高いです。

この1万円の差をどうとるか次第だと思います。

まとめ

参考になりましたか?

ちなみに、店舗よりネット購入のほうが、安い場合もあるようです。

実物は、店舗で確認して価格を比較してみるのもいいかもしれませんね。

また、住んでいる自治体によっては、チャイルドシート補助金を受給できる

ようです。ぜひ、そちらも確認してみてください。

最後まで、お読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

結局最後はディアターンプラスに行き着いた
この記事をお届けした
SEARCH LOGの最新記事を、
いいねしてチェックしよう!