↑↑まずは、本日分の楽天くじチャレンジ!!↑↑
 

フリーランスのシステムエンジニアは儲かるの?月100万円って本当なの?

スポンサーリンク

%e3%83%95%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%b9100

私、システムエンジニアという職で一応、メシを食わせて頂いております。

システムエンジニアという仕事をしていると、働き方の選択肢の中に

「フリーランス」を考える人、多いと思います。

ネット広告には、景気が良い数字とコトバが並んでいますね。

そう、まさにこんな感じ。

これって、本当だと思いますか?

現役で、システムエンジニアをやっているからこそ

わかる実際のところを、紹介します。

月100万円を目指せるのは、本当だけど条件がある

私は、システムエンジニアとして3度の転職をしています。

ちなみにシステムエンジニアの仕事をするようになったのは22歳から。

現在は、31歳のプレパパです。

約9年間で3度の転職というのは、多いほうだと思います。

フリーランスという働き方も考えましたが、現状も私は一応社員という身です。

なぜ、フリーランスを選択しなかったのか?

理由は、以下の条件を満たしていなかったからです。

フリーランスで月100万円を目指せる条件とは

フリーランスで月100万円を目指せる条件は、以下の3つだと思います。

  1. 職務経歴
  2. お金の流れと相場の把握
  3. 交渉力

※あくまで個人の意見です。(って、どこかの通販みたいですね笑)

まあ、当たり前のことなんですが、この条件を満たしていないまま、

フリーになるのはとても危険です。

逆に、条件は満たしているのに、なかなか一歩が踏み出せない人も

多くいると思います。

それでは、1つずつ詳しく見ていきましょう。

1.職務経歴

フリーランスといっても、結局は、どこかの会社に属して仕事をすることになると思います。

もちろん、契約が成立しないと仕事はありません。

これでは、フリーランスではなく、ニートですね。

仕事を得るためには、会社へ自分自身をアピールする必要があります。

今までどんな業務に携わってきたのか、どんなプログラミング言語を使っていたのか、

経験年数はどれくらいなのかなど、会社側が気になることはたくさんあります。

そこで、必要になってくるのは職務経歴書です。(別名、スキルシート。)

この職務経歴書の書き方にも、いろいろとテクニックがあると思うのですが、

作ってみた職務経歴書をセルフチェックしてみて、あなたが会社側の採用担当だったら

どう思うでしょうか?

自分が採用担当なら採用でしょ!と思ったら、とりあえず第一関門クリアです。

2.お金の流れと自身の相場の把握

そもそも、フリーランスになろうと思っているのは、現状に不満があるからだと思います。

特にフリーランスになろうと考えている人は、収入面での不満が少なからず、

あると思います。

さあ、現職中のシステムエンジニアの人に質問です。

あなたの仕事に対して、元請け会社があなたに支払う報酬額はどれくらいですか?

要するに、中間マージンを抜いた場合のあなたの稼ぎはいくらか?ということです。

たぶん、詳細な金額はわからないと思います。

もし、この額をオープンにしている会社に勤めているなら辞めないほうがいいと思います。

ただ、実際はだいたいこの金額がわかってきます。

言い換えると、この金額がフリーランスになったときの収入の基本になってきます。

もし、現時点で月100万円を超えていそうなら、フリーランスになって月100万円は

夢じゃないということです。

3.交渉力

最後に最も重要なのが、交渉力です。

職務経歴と収入がクリアしていたとしても、交渉力がないとフリーランスでは、

食べていけません。

もちろん、雇う側としては人件費を抑えようとするのは当たり前のことです。

月30万円ほしいです!という人に、わざわざ月100万円渡す必要はありませんからね。

昨今では、エージェットサービスも充実しており、自ら営業をしなくても

仕事を紹介してもらえるシステムがあります。

ただし、結局働くのは自分なわけで、エージェントとの交渉も少なからず、

必要になってくるはずです。

自分をアピールし、やりたいことを明確に伝える「セルフプロデュース」の

能力と自分優位に進める交渉力は必須です。

あきらめるのは、まだ早い!「これからどうするか?」

さあ、いかがでしたか?

条件を満たしているのに、悩んでいる人、

即行動したほうがいいです。

こちらで案件を探してみては、どうでしょうか?

フリーエンジニアの案件探しは、Web案件数業界最大級のレバテックフリーランス

残念ながら、条件を満たしてないとしても、フリーランスは絶対無理

というわけではありません。

本当にフリーランスを目指すのであれば、今のうちから準備をしておけば

いいのです。

そして、一番の近道はフリーランスの仕事を知ることです。

どのようにすれば、知ることができるか?

答えは、どんな案件があるのか確認すればいいのです。

フリーエンジニアの案件探しは

↑こちらへ無料登録すれば、案件を確認できます。

案件から、自分に足りていないことを分析し、今のうちに

スキルを付けておけばいいのです。

移り変わりが早いIT業界ですが、本質は変わらないので、

そこで身に着けたスキルは、将来きっと役に立つでしょう。

まとめ

というわけで、「フリーランス」についての記事でした。

漠然と「フリーランス」は収入が安定しないとか、

福利厚生が悪いとか思って敬遠しているところはありませんか?

調べてみると、「フリーランス」という働き方も悪くないと

思えるかもしれません。

今の会社で定年まで働けますか?

何も行動しないことこそが、一番危険なのかもしれませんよ。

IT・Web業界での転職なら【レバテックキャリア】

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

フリーランスのシステムエンジニアは儲かるの?月100万円って本当なの?
この記事をお届けした
SEARCH LOGの最新記事を、
いいねしてチェックしよう!