【個人運営サイト・ブログ向け】免責事項の必要性と書き方・例文

スポンサーリンク

こんにちは、あおやまです。

先ほど当サイトに免責事項のページを設置しました。

何かトラブルがあったわけではないのですが、「転ばぬ先の杖」ということで設置してみました。

今回の記事は、私のように個人サイトを運営されている方向けの免責事項の必要性と書き方についてです。


↑↑あの商品が”今だけ”おトク!?↑↑

免責事項とは

そもそも、免責事項とはなんでしょうか?

商品やサービスの提供者が、不測の事態が生じた場合に責任を免れる事項。

weblio辞書より

サイト運営の場合は、以下のように読み替えればよいと思います。

  • 商品やサービス → 運営しているサイト
  • 提供者 → サイト運営者

超わかりやすく言うと、

なんでもかんでも「お前のせいだ!責任取れ!!」と言われないようにするための宣言

みたいなものです。

免責事項の必要性

免責事項のページを設置して高らかに宣言する必要性については、賛否両論あるようです。

免責事項のページを設置する目的は、不測の事態が生じた場合に責任を免れるためです。

一見、無責任のように思われてしまうかもしれませんが、正しい情報は解釈の仕方や時間の経過とともに変化する場合があります。

もちろん、サイト運営者として提供する情報の正確性を十分配慮すべきですが、個人が運営するサイトの場合、どうしても限界があります。

万が一に備えて、予め断りを入れておく。これが免責事項です。

予め宣言をしておくことにより、サイトの信頼性が増すという考え方もあるようです。

ちなみに、免責事項のページを設置しているから、すべての責任を免れることができるというわけではありません。

ご注意ください。

免責事項の書き方・例文

私は、以下のページを参考させて頂きました。

A-key function/免責事項をサイトには書いておこう!書き方・文例
https://akeyfn.xyz/sitesakusei/disclaimer-howto/

ヨッセンス/プライバシーポリシー・著作権などについて
https://yossense.com/privacy-policy/

A-key function様の文例をベースに、広告に関する点はヨッセンス様の文面を参考にさせて頂きました。

そして、当サイトの免責事項ページがこちらです。

免責事項
免責事項
総則 当サイト「SEARCH LOG」の情報は、一部のサービスを除き、無料で提供されています。当サイトを利用したウェブサイトの閲覧や情報収...

よかったら参考にしてみてください。

ちなみに、トップメニューに免責事項のリンクを設置しています。

※注意:あくまで参考です。内容を確認しないままコピペするのは、やめましょう。

しっかり内容を確認し、その内容を理解した上で免責事項を宣言しなければ何の意味をありませんよね。

その他、法人が運営しているサイト・有名なブロガーさんのサイトには免責事項のページがほとんど設置されています。よく閲覧しているサイトの免責事項を参考にされるのも良いと思います。

最後に

サイト運営者は、たとえ個人であっても不特定多数の人に情報を発信していることを自覚しなければいけません。これは、TwitterやFacebook等のSNS投稿も同様です。

訴訟だ、損害賠償だ、というのはいつ自分が当事者になるかわからない時代です。

そんなの関係ないと思わずに、先手先手でリスクマネジメントをしていくのが大事なのではないでしょうか?

あなたもぜひ、検討してみてください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

【個人運営サイト・ブログ向け】免責事項の必要性と書き方・例文
この記事をお届けした
SEARCH LOGの最新記事を、
いいねしてチェックしよう!