アラサー男のわたしが、栃木市への移住を決めた4つの理由と3つの不安

スポンサーリンク

私は、現在都内でシステムエンジニアとして働いています。

そんな私は、家族とともに私の地元である栃木県栃木市へ移住することを決めました。

すでに栃木駅周辺の土地を購入しており、ハウスメーカーさんも決まり、見積もりを出してもらったので現在は住宅ローンの本審査の手続き中です。(事前審査は通過)

なぜ、移住をしようと思ったのか?なぜ、栃木市なのか?

今回は、その理由と不安に思っていることを書いてみようと思います。

栃木市への移住を決めた4つの理由

私が栃木市への移住を決めた理由は以下の4つです。

  1. 今の勤務先(都内)まで、なんとか通勤できるから
  2. 収入を得る術がいろいろわかってきたから
  3. 庭付きの戸建てに住みたいから
  4. なんてったって「地元」だから

では、詳しくご説明します。

1.今の勤務先(都内)まで、なんとか通勤できるから

実は、栃木市へ移住後も都内へ通勤するつもりなんです。

栃木市へのアクセスはこんな感じです。

新幹線・私鉄の特急なら1時間程度で、普通列車でも1時間半程度といったところです。

まあ、確かに遠いですよ。でも通えない時間でもないですよね?

私は通勤できる判断しました。理由は3つです。

  1. 学生時代、実家(栃木市のさらに田舎)から池袋まで2年間通学していたから
  2. 現在も、ドアtoドアで1時間半ぐらいの通勤時間だから
  3. 特急なら、途中まで座って通勤できるから

①学生時代、実家(栃木市の奥地)から池袋まで2年間通学していたから

私は、池袋にある某専門学校を卒業しており、その時は実家からクルマと電車を乗り継いで2年間通学していました。

実家は、栃木市の岩舟地区(旧岩舟町)の小野寺というところです。

栃木県民でも知らない陸の孤島、限界集落です。(でも、良いところだよ。)

最寄りの駅は、クルマでも10分以上かかるキングオブ田舎です。(でも、良いところだよ。)

もちろん、通学と通勤は違いますが今回マイホームを建てる立地は栃木駅から徒歩圏内なので、通える!と判断しました。

②現在も、ドアtoドアで1時間半ぐらいの通勤時間だから

現在の居住地は、埼玉県草加市。もちろんそこから勤務先まで通勤しています。

最寄り駅からは、自転車で10分程度のところに住んでいます。

私鉄の普通列車で、通勤しているわけですが、ドアtoドアで考えると今現在も通勤時間は1時間半ぐらいなんです。

あれ?栃木から特急乗って通うのとそんなに大差なくない?

と思ったのもあります。

③特急なら、途中まで座って通勤できるから

とはいえ、どうしても通勤時間は”ちょっと”長いわけです。(ちょっとです。ほんのちょっとね。)

通勤時間などの移動時間は勿体ない!と思うかもしれませんが、移動時間を有効に使えば決してムダな時間ではないと思います。

有効に使えるかどうかの判断基準として重要なのが

「座って通勤できるか?」です。

栃木駅からは東武線の特急が運行しており全席指定席です。そう、都内までの約1時間は座って通勤できるわけです。

しかも栃木市へ移住すると、特急料金の一部を補助してくれる制度もあります。

これなら通勤時間を有効使えそうだし、補助もあるので通えると判断したわけです。

2.収入を得る術がいろいろわかってきたから

移住すると、やっぱり心配なのが仕事ですよね。

イヤな会社でなければ、同じところで働いて安定した給与をもらいたいと思う方もいるでしょう。

しかし、実は私「個人事業主」なんです。

もっとかっこよくいえば、「フリーランス」とか、「フリーのシステムエンジニア」なんです。

「なんでフリーなのに、勤務先がどうこう言ってるの?」

と思う方もいるかもしれませんが、IT業界はいろいろあって、私は今、都内の大手ITベンダーと業務委託契約を結んでいる会社と契約しているのです。(ややこしいので、さらっと飛ばしてください。)

そんなこんなで、今の仕事を続ける場合は都内へ通勤しないといけないわけです。

とはいえ、定年まで通勤するつもりなのか?といえば、そうは思っていません。

のちのちは、栃木市で仕事をしたいと考えており具体的なプランもいくつかあります。

このサイト運営もその1つで、ネットを活用した働き方も多種多様です。

そのような活動で現在も、お小遣い程度ですが収益を上げることができるようになりました。会社に依存しない働き方を知り、大きく世界が広がりました。

また、サイトやSNSで有益な情報を提供してくれている方も多く、そのような方の考えにも触れることで、「収入を得る術」が少しずつですが身についてきました。

むしろ、栃木市(田舎)の方が有利に進むこともあるのでは?期待している部分もあるくらいです。

3.庭付きの戸建てに住みたいから

現在住んでいるアパートの間取りは、2LDK。

2歳になる息子との3人暮らしでは、だんだんと窮屈になってきました。

そろそろ、庭付きのマイホームを。そう思うようになってきたわけです。

そこで問題になるのが、土地です。

都内はもちろんですが、現在住んでいるところもイオンレイクタウンが近くにあるので、まあいいお値段するわけです。

その点、栃木市はどのくらいだと思いますか?

ウチノカチより(2016/06/30時点の結果)

上記の表だと、栃木市は坪単価6.01万円です。

私が購入した土地は駅近なので、もう少し高いのですが都内とは比べものにならないくらい安いのです。

4.なんてったって「地元」だから

地元愛がものすごーく深いわけでもありませんが、やっぱり地元はいいです。

長男だからという考えは古いかもしれませんが、同居はしないまでも将来を考えたときに

両親の近くに住んでおくのは、もしものことがあった時に慌てずに済むと思います。

また、移住に向けての情報収集として活動する中で、栃木県内で活躍している方々との出会いもありました。やっぱり地元なので”地元トーク”ができるのは交流を深めやすい利点です。

地元で活躍する昔からの友人も多くいるので、いろいろ相談に乗ってくれたりします。

やはり、生きていく上で人とのつながりは最重要なので、その地盤があるのは大きいと感じています。

栃木市への移住に対する3つの不安

一方で、やはり移住に対して不安なこともあります。

  1. 住宅ローンとか固定資産税とかの「お金」の問題
  2. 今後の働き方、収入源
  3. 栃木(田舎)クオリティ&栃木(田舎)マインド

こちらも詳しくご説明します。

1.住宅ローンなどの「お金」の問題

やはり一番不安なのは、お金の問題です。

いくら都内と比べて土地が安いと言っても、キャッシュでポーンと出せる金額ではありません。住宅ローンを組んで、コツコツ返済していく日々が長きに渡り続くわけです。

これまで借金とは無縁の生活を送ってきました。(そのはず。飲み代払ってなかったらゴメン!)

しかも私は正規雇用ではなく、個人事業主。「本当に返済できるのかな~」と不安になることもあります。

自分だけ苦労するならまだしも、家族にも苦労させることは避けなければいけない。

そのプレッシャーと戦っていくわけです。ほんと不安です。

2.今後の働き方、収入源

働き方も不安の1つです。これもお金の問題に近いのですね。

移住当初は、都内まで通勤しようと考えていますが、ずっとは難しいと考えています。

栃木市で働くといっても、自分の見合った仕事があるのか生活できるだけの収入を得ることができるのか、不安です。

3.栃木(田舎)クオリティ&栃木(田舎)マインド

最後は少し角度が違う話ですが、地方独特の風土です。

都会人ぶるつもりはないのですが、ナンダカンダで都内近郊に10年以上住んできました。

妻は、神奈川出身で都会っ子です(自称)。

いざ、戻ってみると地元なんですが細かいところが気になってきます。

具体的な話は書きませんが、なんというか、時間がゆっくり進んでいるんですよね・・・。

もちろん、それが良いところでもあるんですが少し都会と地方のギャップを感じることが多々あります。

私はともかく妻がそのギャップに順応できるかが少し不安です。

不安があるのは、当たり前。今なにをするかが重要

不安だ、不安だと書いてしまいましたが、今のうちから不安要素があるのは良いことだとポジティブに考えていたりもします。

不安って、先が見えないから不安なんですよね。

じゃあ、どうするか?先が見えるように対策をとっておけば良いのです。

そう、システム開発においてもっとも重要な「リスクマネージメント」ってやつです。

(いきなりビジネスっぽくなったぞ!)

数々のデスマーチ(炎上案件)をくぐり抜けてきた経験を、これからの人生に活かして家族とともに一歩一歩進んでいけば、きっと明るい未来がやってくるはず!

アドバイスをくれたり、協力してくれる方々の力も借りて「平凡で幸せな人生」を送るぞ!

最後に

そんなわけで、栃木市へ移住に向けて、いろいろ活動中のあおやまです。

こんな方は、ぜひご連絡ください。

  • 栃木県・栃木市にゆかりのある方
  • 地方移住に向けて活動をしている方
  • マイホームを建てようとしている方

などなど。いろんな情報交換ができたら嬉しいです。

また、地方移住に関する取材や記事執筆、プレゼンとかもできちゃうかもしれませんのでお気軽にご連絡ください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

アラサー男のわたしが、栃木市への移住を決めた4つの理由と3つの不安
この記事をお届けした
SEARCH LOGの最新記事を、
いいねしてチェックしよう!